排水つまり解決事例
(市ヶ谷エリア)

東京、神奈川、埼玉、千葉
スタッフ巡回中

夜間も実働しています。



ご依頼の経緯
そもそもの依頼は管理会社様より、他社が行ったトイレ詰まり、翌日には再発してしまったので見に行ってほしいとのことでした。現場は市ヶ谷にあるコーヒーショップ。「おやおや尻拭いですか?」という心の声はしまっておき、実質的には有難いお話です。難航する現場の方がお代も頂けますからね。マネー大好きアルヨ!!(不当な料金は頂きませんよ)

作業内容
現地につくと、再発というか桝から汚水が溢れてきてどうしようもできずに帰ったらしいです。「えっ?話違うじゃん!!」という心の声はしまっておいて、桝を確認。

桝っていうかこれ・・ピットじゃん?しかも凄い事なってるじゃん?ピットとは排水などの水を一時ためて、ある程度溜まるとポンプが軌道して汲みあげる仕組みですね。主に地下排水を利用するときに多いのですが。1F店舗。まぁ1F店舗だろうとピットである以上、汚水ポンプ対策が必要になります。

最初考えたのは、水中ポンプを起動させるために、ポンプの周りに浮き球がついているのですが、それが水位上昇すると浮き球が浮力であがりスイッチが入る。そのスイッチ周りが油で浮かなくなったのかな?と思い、ポンプ周りを高圧ガンで吹き飛ばすことに。確認したとき水位が低かったのでポンプ動いていると思っていたのです。

これポンプ動いてないじゃん。何故水位が無かったの?と後で泣き事いっても仕方ない。水かさを上げてしまったのは私なのだから・・何とかしないと。

取り敢えずポンプが動こうとしている音はするので、排水管の逆止弁(一度上げた水がエラー時に逆流しないようにする仕組み)の箇所でつまっているのか?と外しましたがここではない。ならばポンプの中かな。

ポンプを取り外してみると、ポンプ内で間違いないです。ただ吸い上げる力が弱くなっている(経年劣化)だから油が溜まる。一応清掃しましたけども、そして吸い込みを確認しましたけども、近日中に交換は必要です。

ポンプはだいたい1つのピットに2台ついているのですが、2台とも外して、ピットの中にゴロゴロしている油を取る事に。高圧で崩すよりも、網で取った方が早いと、バーベキュー用の網を改良して、網漁を開始。

大漁じゃっぁーーーー!最終的にはポリバケツ3倍分の油を取りました。

後はポンプを取り付けて終了ですね。ただこれポンプが弱っているので、交換しないと莫大な修繕費がその都度かかります。取り外すのであれば取り付けるのと同じ工賃ですからね。詰まってないうちに対処しないと。

お店の方にはこのままだとまた直ぐポンプ動かなくなりますとご案内したところ、解っていないのか、初めて来月ピットの清掃会社をいれるそうです。「いやそうじゃないんだけどなぁ」←心の声。もうピット内はうちらがピカピカにしましたからね。「ポンプですからぁ!!」と3回くらい悲痛な叫びを伝えましたけども届いていただいていれば幸いです。

元々の仕事依頼主の管理会社さんにも事が大事だったので、再三連絡を取り作業をしましたが、終了報告時に尋ねられたのが、「で、高圧洗浄のワイヤーは排水管の中、何m入りましたか?」いや・・だからっ!「ポンプですからぁっ!!!」

コミュニケーションって難しいですよね。

市ヶ谷エリアでの排水つまり、下水つまり、お店の厨房のつまり、グリストラップのつまり、汚水の溢れなどの迅速対応ならMJサポートにお任せ下さい。まずはお気軽にお電話下さい。0120-788-869



その他の事例など沢山掲載しています。










2018年02月16日