ビルの排水管調査

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城
スタッフ巡回中

夜間も実働しています。



ビル排水管調査

1Fにあるお店さんの排水が突然詰まり始めたと思ったら、B1店舗に階下漏水してしまい、ビルのオーナー様から「おたくの使い方が悪いからだ、全部賠償しろと」階下の休業補償まで考えれば大変な額で・・・それで調査の依頼が入ったのでした。

普通は管内カメラは管内カメラというくらいなので、管内に入れるのですが、いくらも進まないのと、直ぐ管内の汚水に浸かるので、それよりも管の走るルートを点検口よりチェック。間違いなくお店の入り口の方に向かっている。

そこで、お店の前のマスを探したいのですが、1F店舗の入り口と道路とは高低差があり、それを埋めるために分厚い鉄板を置いているのですが、コーキングもしているので、取り外すのも一苦労。それでも一枚一枚外して出てきたのは

雨水枡。関係ないじゃん!と思いながらも、お店の方はこのマスを開けてくれと、雨水桝なので関係ないのは明白なのですが、全部お店のせいにされたらたまったものではないという思いがひしひしと伝わり、雨水桝を開けて関係ないことを確認。やっぱり直接は関係ないですよね。ちなみに汚水桝らしきものは一切ない。

ならば掘ればいい。排水管が走っていることは間違いない。

排水管は完全に折れており、全部地中に流れていました。その水が限界に達したときに階下漏水する。お店のせいでもなんでもないですよね。経年劣化によるところもありますが、ちゃんとこの排水管を施工したときの業者さんが転圧をしなかったのではないかと思います。

周りはインターロッキングブロックなのですが、それもぼろぼろ。それも含め排水管を工事するかどうかはもう弊社の依頼主のお店さんではないので、あとは大家さん次第です。お店の排水管の使い方の問題ではないですよね。多少油を多めに使い、よく詰まるとしても、階下漏水するような作りではなく、防水の効いた厨房の中のグリストラップ上で溢れてくればいいだけですからね。

埋め戻して排水管の調査終了です。

排水トラブルにおける、排水管の調査及び修繕はMJサポートにお気軽にご相談下さい。他社に断られた案件も積極的に対応しております。また深夜帯も解消作業を行います。0120-788-869



その他の事例など沢山掲載しています。



ビル排水管調査料金表




東京都下水道局指定第5410号

2018年12月12日